CLUBイスムポイントで交換できる非売品プレミアム仏像に待望の新作が登場!

インドで生まれ、中国、朝鮮半島を渡ってたどりついた最後の地 日本で花開いた仏教文化。壮大な歴史のロマンスを感じさせる原初の像をお楽しみください。

仏像の起源 

仏像の起源

ガンダーラは現在のパキスタン北西部、ペシャワールを中心とした一帯の地名で、内陸アジアを東西に結ぶ交易の要衝として古くから栄えました。紀元1~5世紀頃にかけて、この地で仏教とギリシャ彫刻の文化が出会い誕生したのが「ガンダーラ仏」です。

原始仏教ではブッダの具象化をタブー視し、仏足跡や法輪など間接的な表現にとどまっていましたが、西方からヘレニズム文化(またはローマ美術)が伝わると、神を人間の姿で示す写実的な彫刻の影響を受け、ブッダの姿を像として表す仏像彫刻文化が栄えるようになります。

このガンダーラの仏像が中国に渡り、顔立ちや衣に漢民族の影響を受けながら、朝鮮半島を経て日本に伝わりました。

若き日のブッダの姿を伝える
如来立像

モデル像は2~3世紀頃の造像とみられる如来立像で、もとは仏塔の荘厳として数多く作られた浮彫のうちの一体です。西方文化の影響を色濃く受けた最初期の仏像らしく、彫りの深い顔、螺髪ではなくウェーブのかかった髪など、日本に伝わる多くの如来像とは異なる特徴を持っています。
左足をわずかに上げ重心をかけないポーズも、ギリシャ彫刻にならったものと言われます。

previous arrow
next arrow
previous arrownext arrow
Slider

鼻梁が高く整った顔立ちは、王族出身のブッダ青年期の凛々しい姿。肩を出さずに全身を衣が覆うのもガンダーラ仏の特徴で、深く刻まれた衣文も写実的です。

イスムが初めて挑む
石造りの像

モデル像は片岩と呼ばれる岩石から彫り出されており、緻密な装飾は施されておらず、彩色も残っていません。だからこそ造形力が試される難しい像とも言えます。

イスム ガンダーラ仏~Premium~
イスム ガンダーラ仏~Premium~
イスム ガンダーラ仏~Premium~
イスム ガンダーラ仏~Premium~
イスム ガンダーラ仏~Premium~
イスム ガンダーラ仏~Premium~

特に顔の造作には多大な時間を費やし、鼻の高さ、耳の大きさなど幾度も監修を繰り返して仕上げました。衣文一つひとつの大胆な表情、失われた右手の断面にもこだわっています。石像の再現はイスム初の試みで、表面の独特な質感や色合いも試行錯誤の末に完成させました。
凛とした表情とずっしりとした重厚感をお楽しみください。

イスム ガンダーラ仏~Premium~


イスム ガンダーラ仏~Premium~

ガンダーラ仏

~Premium~

交換ポイント:10,000pt.

7月14日(火)11時より
交換受付開始!

素材:ポリストーン
サイズ:
約345(H)×110(W)×80(D)mm 1.5kg
製品の準備ができ次第、順次発送となります。

交換申請