天平塑像の白眉
祈りを捧げる二尊が
TanaCOCORO[掌]サイズで登場!

イスム TanaCOCORO[掌]
でんにっこうぼさつ でんがっこうぼさつ

伝日光菩薩 伝月光菩薩

モデルは8世紀、疫病や天変地異などが続く動乱の世のなかで造られた一対の像。「国宝 塑造<日光仏/月光仏>立像」として文化財指定され、凛とした佇まいが人気です。

かつて奈良県限定で販売をしていた「イスム 伝日光菩薩立像 伝月光菩薩立像」が、至高のクオリティそのままに、高さ約18センチのTanaCOCORO[掌]サイズでデビューです。

天平における塑像の代表作
 白く輝く二体の仏 

現在は雲母(きら)の入った仕上げ土の白が全身を覆っていますが、造像当時は極彩色に彩られていました。その名残が衣の内側など随所に残り、古色の味わい深さを醸し出しています。

塑造という製法を用いたことで可能になった、写実的で自然な表現は、天平時代を代表する塑像として名高く、極限までシンプルな装飾と、理智的な表情が静謐ながらしっかりとした存在感をもたらします。

静と動が織りなす美

伝月光菩薩

左右対称で控えめな衣文が「静」の印象を与える伝月光菩薩。腰から垂れる帯の対称性が端正さを強調しています。
サイズ:約178(H)×67(W)×67(D)mm 250g

伝日光菩薩

袈裟を左腕に掛けることで生じるボリューム感と下半身正面の力強い衣文が「動」の印象を与えます。
サイズ:約178(H)×67(W)×67(D)mm 270g

細部へのこだわり 

TanaCOCORO[掌] 伝日光菩薩 伝月光菩薩 月光の目
切れ長で清らかな印象を与える目元
TanaCOCORO[掌] 伝日光菩薩 伝月光菩薩 日光の口元
うっすらと朱の残る伝日光菩薩の唇も強調しすぎることなく表現しています
TanaCOCORO[掌] 伝日光菩薩 伝月光菩薩 月光の胸元
衣の下に甲冑を着ているように見えることも当像が帝釈天であると考えられる理由のひとつです
TanaCOCORO[掌] 伝日光菩薩 伝月光菩薩 日光の指先
亀裂の入った指先もしっかりと再現しています
TanaCOCORO[掌] 伝日光菩薩 伝月光菩薩 日光の左腕
袈裟の端を左腕に掛けることでアシンメトリーな造形にしています
TanaCOCORO[掌] 伝日光菩薩 伝月光菩薩 日光の帯
右足の上に帯の先端をみせるなど、細部にまで左右非対称の造形が貫かれています

謎につつまれる
 本来の尊格 

寺伝では日光菩薩・月光菩薩とされるモデル像ですが、この名称が登場するのは江戸時代になってから。

一般的に菩薩像は裸足、また装飾物を付けた姿で表されます。ところがこの像はシンプルな唐風の衣装をまとうのみで沓も履いており、天部の像であることが分かります。

また、通常日光菩薩と月光菩薩は薬師如来の脇侍であるのに対し、こちらは不空羂索観音の脇侍となっていました。 これらのことから、伝日光菩薩は梵天、伝月光菩薩は帝釈天として造像されたと見られています。

TanaCOCORO[掌] 伝日光菩薩 伝月光菩薩



イスム TanaCOCORO[掌]
でんにっこうぼさつ でんがっこうぼさつ

伝日光菩薩
伝月光菩薩

38,000円(税込)

限定数300体
好評発売中!

ご購入はイスムウェブショップ、
またはイスム表参道店で!

ご注文